見出し画像

「青汁三昧」はいつ飲んだらいいの? カラダがよろこぶ♪6つのgoodタイミング!

手軽に栄養不足を補える「青汁三昧」は、ダイレクトテレショップの大人気シリーズ!私も毎日の食事や寝る前などに青汁を飲んでいますが、青汁っていつどのタイミングで飲むと一番効果的なのかいまいちよくわからないですよね。ご愛飲者様からのお便りでも、「一体いつ飲んだらいいのかよくわからない…」とご質問をいただくことがあります。

そこで今回は「青汁三昧を飲むタイミング」について、管理栄養士の先生にアドバイスをうかがいました!

野菜の力を凝縮した一杯が、毎日にどのように役立つかご紹介します。

※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
※本品は、特定保健食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
※本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を守ってください。

「青汁三昧」はいつ飲んでもOK!その理由は…

画像1

約20種類以上の豊富な栄養素
いつもの食事だけで、体に十分な栄養素を摂ることは難しいですよね。
「青汁三昧」は厳選された3種類の青野菜、「ケール、大麦若葉、ゴーヤー」を丸ごと粉砕して作られており、27種もの豊富な栄養素等が含まれています。食事だけでは補えない栄養素等を簡単に摂れるから、どんなシーンでもカラダが喜ぶんです!

↓↓青汁三昧のケールについて詳しくはこちら↓↓

↓↓青汁三昧の大麦若葉について詳しくはこちら↓↓

↓↓青汁三昧のゴーヤーについて詳しくはこちら↓↓


栄養成分は配合バランスも抜群!
豊富に含まれる栄養素ですが、カラダに吸収されるタイミングはバラバラです。「青汁三昧」はさまざまな栄養成分をバランス良く配合することで、飲むその時々でカラダに足りない栄養成分を補給してくれます。だからいつ飲んでもOK!また、一緒に摂取するとより効果を発揮する栄養成分の組み合わせもたくさん含まれています。

栄養成分のベストな摂取タイミングって?

では、それぞれの栄養成分は具体的にどのようなタイミングで摂取するのが効果的なのでしょうか。「青汁三昧」に含まれる主な栄養素等、ビタミンC、カルシウム、鉄分、食物繊維、葉酸、ビタミンB群の、それぞれのベストな摂取タイミングについてご紹介します。

ビタミンC

画像13

ビタミンCは消費されやすく、体内の貯蓄量に制限があります。
食後3時間後など、こまめに摂りましょう。

カルシウム

画像3

カルシウムは、食事の塩分と一緒に摂ると体外に排出されてしまいます。
食後2~3時間後に摂るのがベストタイミングです。

鉄分

画像4

鉄分は、食事の塩分と一緒に摂るとよくないので、食後2~3時間後がベストタイミング。
吸収されづらいので、組み合わせて摂取してみてくださいね。

食物繊維

画像5

食物繊維は、なかなか消化しないので、食前に摂ると腸内に留まり、食べたものの消化に関係してくれます。

葉酸

画像6

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一つです。
水溶性ビタミンは水に溶けやすく排出しやすいので、一度にたくさん摂っても体内にためておくことができません。
朝・昼・晩の食間や就寝前など、こまめに摂りましょう。

ビタミンB群

画像7

ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)は、エネルギーの供給に必要な栄養素なので、食後または運動の30分前に摂るのがベストタイミング!
別々にではなく、一緒に摂るとバランスがいいそう。


相性抜群なベストフレンド栄養素を一緒に摂れば、さらに吸収率UP!

さらに、相性の良い栄養素等を一緒に摂ると、お互いにサポートしてより吸収率を高めてくれます。

カルシウム+マグネシウム
カルシウムとマグネシウムは、2:1の割合で摂取すると相乗的に吸収率がUPします。
ただし、シュウ酸と併用すると吸収率が下がるので注意が必要です。

鉄分+ビタミンC+葉酸+ビタミンB12
鉄分、ビタミンC、葉酸、ビタミンB12は、個々では吸収しづらい栄養素たちですが、チームで摂ることで、体内への吸収率を高めます。

それぞれの栄養素の特徴を知れば、足りない栄養を効率よく摂取できますね。

管理栄養士オススメ!
Bestタイミングは「おはよう青汁」と「いただきます青汁」

いつ飲んでもOKな「青汁三昧」ですが、よりベストなタイミングにするための飲み頃を教えてもらいました。体に不足するタイミングを見計らって、効率よく栄養素等を補給しましょう!

画像8

毎日の暮らしの中で、青汁を飲むベストタイミングは、目覚めたときの「おはよう!青汁」。私たちは睡眠中に、かなり汗をかいて水分やエネルギーを消耗しています。朝起きて目が覚めた時にエネルギーが枯渇した状態になっている体は、スポンジのように栄養素等をスムーズに吸収します。

目覚めた時に特に必要とされる栄養素等は、ビタミンC、カルシウム、ビタミンB群、葉酸、鉄分、食物繊維です。

画像9

カラダを動かした後に、青汁を飲むのもGoodタイミング!運動はたくさんのエネルギーを消費するので、カラダを動かした後に、「青汁三昧」で栄養素等を効果的に摂り入れましょう。また汗と一緒に排出されたビタミンやミネラルも補給されます。

特に必要とされる栄養素はビタミンB群、ビタミンCです。

画像10

仕事などで頭を使う時に、青汁を飲むのもGoodタイミングです。脳を使うと、たくさんのビタミンB群が消費されます。「青汁三昧」に含まれている、かすかな糖分がこれらの栄養素等の吸収をバックアップしてくれます。

特に必要とされる栄養素は、ビタミンC、ビタミンB群、葉酸です。

画像11

おやつなどの間食時も、「青汁三昧」を飲んで栄養を摂るGoodタイミングです。昼食時に摂ったビタミンCが排出される時間帯なので、「青汁三昧」で補給しましょう。また食べたものがエネルギーに変わる時に必要なビタミンB群も見逃せません。

特に必要とされる栄養素等はビタミンB群、ビタミンCです。

画像12

食事と一緒に「いただきます!青汁」もベストタイミング!食事の時間に、規則正しく栄養素等を摂るのと同時に「飲み忘れ」を防ぎます。またお酒を飲む際はビタミンB群が大量に消費されるので、飲む前に補給しましょう。

特に必要とされる栄養素等はビタミンC、ビタミンB群、鉄分、葉酸、食物繊維です。

画像13

入浴後の青汁もGoodタイミング!お風呂で汗をかくと、800mlもの水分が体内から失われると言われています。入浴後に「青汁三昧」を飲むことで体内の水分をコントロールするのと同時に、十分なミネラルを体に取り込みます。

入浴後に特に必要とされる栄養素等は、鉄分、ビタミンC、カルシウムです。


6つのGoodタイミングで青汁をうまく摂り入れよう!

毎日の暮らしの中で、青汁を飲むのに良いタイミングがおわかりいただけたでしょうか。

ご紹介させていただいた6つのGoodタイミングをぜひ参考にして、日常生活の中で効果的に青汁を摂り入れてみてくださいね!


4

こちらでもピックアップされています

青汁三昧コラム
青汁三昧コラム
  • 8本

青汁三昧や野菜にまつわる「ためになる話」を掲載中!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。