青汁三昧は3種の野菜のバランスパワーがスゴイ!
見出し画像

青汁三昧は3種の野菜のバランスパワーがスゴイ!

昨年からの生活様式の変化でおうち時間が増えた方が多いのではないでしょうか?

仕事がテレワークになったり、子供の休校等で家族の世話が増えたり。
気軽にお出かけもしづらくなりましたよね。

おうちごはんが多くなると料理の負担も増えて、ついレトルト食品や冷凍食品で済ませてしまい、気付いたら野菜不足に!

毎食野菜をきちんと摂り入れるのってなかなか難しい…。
そんな時に手軽に野菜を摂れるおすすめのアイテムが、青汁です!

画像1

3つのスーパー国産野菜の黄金バランス!

累計販売数11億杯を突破した、ダイレクトテレショップの大人気定番商品「青汁三昧」は、「野菜の王様」と呼ばれるケール、ビタミンCがたっぷりのゴーヤー、食物繊維と鉄分が豊富な大麦若葉の3種類の栄養豊富な国産野菜から作られていて、鉄分やカルシウム、ビタミンCなど27種類もの栄養素等を摂ることができます。

一種類だけの野菜でも青汁を作ることはできますが、でもそれでは満足のいく「青汁三昧」の仕上がりにはなりません。バランスの取れた栄養とおいしさで、毎日飲み続けやすい青汁を作るためには、3種類の野菜が必要なんです。それぞれの野菜が持つ特徴をバランス良く発揮して皆さまに愛される「青汁三昧」が作られています。

広島県世羅町の寒暖差がはぐくむ肉厚ケール~
一種類だけでも青汁がつくれる野菜の王様!~

画像2

まず初めにご紹介するのは、「野菜の王様」と呼ばれるほど栄養価豊富なケール!
ケールは一種類だけでも青汁が作れるほど栄養価が豊富なんです。ビタミンCやビタミンB群、葉酸、β-カロテンのほか、ミネラルもたっぷり。その含有量とバランスは、すべての野菜の中でもトップクラスで、まさに「野菜の王様」という名にピッタリ。「青汁三昧」の幅広い栄養バランスを支えています。

ケールは、キャベツの原種に近い野菜で、もともとは地中海沿岸に自生していました。野生に近いから生命力も強い、それが豊富な栄養価の由来です。特に「ルテイン」という天然色素を多く含んでいて、こちらは美容系のサプリなどで人気の成分です。

葉物野菜特有の苦みがあり、日本の食卓ではまだあまりなじみがありませんが、欧米ではサラダやスープ、炒め物などに使われる人気の葉物野菜です。
独特のクセがあるので青汁で摂り入れるのが一番!

\こちらもチェック!こだわりのケールを作る生産者の声/

山の豊富な栄養を含む沖縄県渡嘉敷島のゴーヤー
~ビタミンCとミネラルを強化してバランスアップ~

画像3

次にご紹介するのは、沖縄野菜のゴーヤー。今や全国区の人気を誇る沖縄野菜の代表です。

独特のほろ苦さから敬遠する方も多いのですが、「青汁三昧」ではケールと大麦若葉とのブレンドによって、苦みを抑え、飲みやすい味に仕立てました。

ゴーヤーは多彩な栄養素を含みますが、特筆すべきは美容や健康に欠かせないビタミンCの含有量。そのレベルは実にレモン果汁の1.5倍!一般的に厳しい環境に育つ野菜ほど栄養価は高くなります。ゴーヤーは、沖縄の強い紫外線を受けて育つため、それに負けないビタミンが必要なんです。
ビタミンCは美容はもちろん、年齢やストレスに負けないためにもぜひ摂りたい栄養素です。

その他豊富に含まれるビタミンB群やミネラルでも「青汁三昧」の栄養面を強化し、健やかな毎日をお届けします。

\こちらもチェック!こだわりのゴーヤーを作る生産者の声/

宮崎県高原町のミネラル豊富な水で育てた大麦若葉
~食物繊維をプラスして上品な抹茶風味に~

画像4

宮崎県高原町の広大な畑いっぱいに育てられた大麦若葉は、一晩に数センチも成長するほど生命力が旺盛です。ビタミンB2と鉄分が豊富で、スッキリした生活をサポートする食物繊維もたっぷり!

生命力が強い大麦若葉は、踏まれることで株を増やします。栄養面では、食物繊維に加えて、海藻に負けないほどミネラルが多いのが特徴です。マグネシウムは、なんとほうれん草の4倍、カリウムは18倍、カルシウムは11倍も含まれているんです。

この他にも、中高年世代がしっかり摂りたいカリウム、β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンCなどの各種ビタミン・ミネラルを含んでいます。

さらに、大麦若葉はその上品な味わいが特徴で、抹茶のような香りとほのかな甘みが、どなたにも好まれる「青汁三昧」ならではのおいしさと飲みやすさを作り上げています。

\こちらもチェック!こだわりの大麦若葉を作る生産者の声/

3種類の野菜のバランスパワーがスゴイ!

画像5

栄養素を摂取する時には、量だけでなくバランス良く摂ることが大事です。
栄養素には相性があって、仲良しの栄養素たちは体の中で協力し合って働くため、バランス良く摂ってこそ、その力を存分に発揮できます。

3種類の国産野菜から作られている「青汁三昧」には、27種類もの栄養素が含まれています。
だから仲良しの栄養成分の組み合わせもたくさん!

「青汁三昧」に含まれる相性抜群の栄養素たち

「青汁三昧」に含まれるさまざまな種類の栄養素から、組み合わせによって吸収しやすくなる相性抜群の仲良し栄養素をご紹介します。

画像6

鉄分はビタミンCと一緒だと、より吸収されやすくなります。

画像10

カルシウムとマグネシウムはバランス良く摂ると吸収されやすいです。

画像8

鉄、葉酸、ビタミンB12はそれぞれがお互いに助け合います。

3種類の野菜のバランスパワーで健やかな毎日を

青汁三昧は3種類の国産野菜から作られているのでさまざまな栄養素がたっぷり。
おうちごはんや外食先でも個包装なのでサッと取り出して食事に加えることができ、手軽に野菜の栄養を摂ることができます。
さまざまな生活スタイルに合わせて「青汁三昧」を毎日の食事に摂り入れて、野菜の栄養バランスがとれた健康的な食生活を続けていきたいですね。

「フルーツたっぷり青汁三昧」「黒酢の入った青汁三昧」が新登場!

大人気定番商品「青汁三昧」に新しい仲間たちが新登場!

「青汁三昧」の3種類の国産野菜はそのままに、リンゴ・オレンジ・レモン・グレープフルーツ等、全16種類のフルーツが配合されてますます飲みやすくなった「フルーツたっぷり青汁三昧」と、鹿児島県鹿屋の老舗醸造メーカー坪水醸造の『壺まるごと黒酢粉末』を使用した、青汁と黒酢の栄養が一度に摂れる「黒酢の入った青汁三昧」が新登場しました。

青汁が苦手で飲みづらいというイメージがあった方も、ますます飲みやすくなった「青汁三昧」シリーズをぜひお試しくださいね!

画像9

「フルーツたっぷり青汁三昧」について詳しくはこちら

画像10

「黒酢の入った青汁三昧」について詳しくはこちら